関西大学の村野藤吾建築(接点のデザイン)

CATEGORIES:
関西大学の村野藤吾建築 ヘリテージ
DATE:
2024-04-15

村野藤吾さんは、何かと何かがぶつかるところをとても意識して設計しています。

壁の足元をちょっと透かしたように見せてボリュームのある校舎を軽やかに見せたり。

階段と床がぶつかる部分を、浮いたように見せたりは、散見されます。

 

 

 

 

 

 

もうすぐ取り壊しの一高校舎では、手すりの足元を少し広くしたことで、逆にべったりくっつけている。踏み面に角度がついて面白

かった。

yuri

 

 

 

関西大学の村野藤吾建築(素敵な金網)

CATEGORIES:
関西大学の村野藤吾建築 草屋根の会 ヘリテージ
DATE:
2024-04-03

関西大学で村野藤吾建築を巡っていると、こんな金網を良く目にします。

ちょっとだけカットすることにより、素敵な幾何学模様が見えてくる。

ローコストデザインならではの素敵な発想。

 

面格子に。

 

 

扉に。

 

 

渡り廊下の手すりにも。

 

スクリーンにも。

 

そして全部デザインが違う。

yuri

 

文化遺産信託研究会

CATEGORIES:
旅先日記 ヘリテージ
DATE:
2024-04-02

入会して間もなく、初めて総会の場は、ヴォーリズ建築の神戸女学院。

ここで毎朝のミサのあと授業があるそうです。

窓上の白い天井が、光を受けて木蓮の花びらのよう。

 

階段の足元。

 

ブルーの効いた暖炉の縁のタイルも綺麗だった。

 

なかなか見ることのできない、貴重な建築の見学の機会もありそうで、楽しみです。

https://bunkaisan-shintaku.org/

yuri