• かねてより見学したかった、大阪木材仲買会館。10年を経てどのようになっているのかを、建築士事務所協会青年女性部近畿ブロック協議会大阪会女性部会の方々にお世話になり、詳細に見学させていただくことができた。

    説明してくださったのは、設計者の竹中工務店白波瀬さん。

     

    既存の桜の木を囲む形で大きなアールを描く南面バルコニー。

    構造は、1階はRC造。2,3階はRCと木造の混構造で、木造部分は、すべて木製引き戸で開閉できる。

    大きな軒で外部を守ってはいるが、バルコニーの木の手すりは傷んで来たので、外されており、2階はカンナ掛けで再利用、3階は更新されるとのこと。そのために、施主が塗料や樹種などの検証中とのこと。

    バルコニーの段差は、木製建具を雨から守る意味と、座って桜を楽しむという意図がある。

    内部は、集成材の梁と柱、無垢の床で、構成されて、避難安全検証法により、特殊な不燃材料を極力使わずに設計され、竪穴区画も無く優しい。

    大変勉強になり、元気をいただきました。

    大阪木材仲買協会の方々、竹中工務店のご担当の方々、大阪会の方々、本当にありがとうございました。

    yuri

  • 経年でゆがんできたわけではなく、もともとのようだ。

    よく見れば、左右互い違いに縦樋があり、そちらに向かって勾配が付けられている。

    片方に造れば目立たないものを、そんな揺らぎのようなものを作りたかったのかな?

    yuri

  • 先日の、バイオフィリックデザインのレポートが、神戸市のホームページに掲載されましたのでご紹介します。

    神戸市の公共建築が緑であふれることに違いないと確信した1日でした!

    お越しくださった皆様、どうもありがとうございました。

    https://kobe-note.jp/n/n868ca6432872

  • こんにちは。今日も寒いですね。

    来年1月22日(月)14:00~15:00

    バイオフィリックデザインのシンポジウムに参加させていただきます。

    久元神戸市長と日建設計でランドスケープデザインをされている小松良朗さん、神戸市建築住宅局の小林賢一さんと。

    お時間あれば直接お申込みの上、お越しくださいませ。

    yuri

     

  • この秋、おかげさまでYURI DESIGNは設立25周年を迎えました。

    いつも応援してくれる友人や家族、素敵な施主、心を込めて作ってくれる人たち、スタッフたちに恵まれ、ここまで続けて来られたことに心から感謝します。

    5年前に20周年パーティーをした時には、想像もできなかった出来事を乗り越えて、またみんなで集まり、語らい、一緒にご飯を食べ、音楽を楽しむことができる、そんな日常が戻ってきて幸せに思います。

    今年は、お声をかける人をかなり少なくさせていただきました。申し訳ありません。

    それでも11月3日と4日に120人余りがお越しくださり、いつものtable d’orの三好万記子さんのお料理と、cafe bistro tabataのデザートと、リカさん、しんちゃんのハワイアンユニットのリリコイ、リカさん、ヤーソさんのボサノバユニット、パウメーラの生演奏を楽しみました。

    また、がんばるぞ~と、新たな力をいただきました!ありがとうございました!!

     

    追伸;テレビを片付けたら、読書の時間が生まれました。

    いつまで続くのかな?

    yuri

  • 草屋根にはもうすでに芝が全然ありませんよ~。という声に誘われて、1年ぶりにダブルセットバックの家を訪問。屋根から緑のふさふさがこぼれ見えて、ウロコ雲に良く映える。

     

    コスモスやパプリカや、イチゴやいろいろ楽しい。

    yuri

     

     

     

     

  • 皆様こんにちは。

    気持ちよい季節になりましたね。

    5月21日日曜日15:25~17:30

    IAT岩手朝日放送で、私の出演する「ビフォーアフター」が放送予定です。

    芝棟の美しい風景の残る岩手の皆様、ぜひご覧くださいませ!

    yuri

  • 築40年、リニューアルオープンした姫路にある兵庫県歴史博物館にて、実施設計のわれらが沢田伸さんの講演会があるというので、駆けつけました。

    基本設計の丹下事務所で担当した堀越英嗣さんのお話も伺えました。

    国立代々木競技場や大阪万博に心を動かされて、建築の道を選んだとのこと。

    ご苦労話も面白く、あっという間の1時間半でした。

    yuri

  • 南淡路市の「若人の広場」は、鳴門海峡と福良湾を見渡せる絶景のロケーション。

    1967年に完成。丹下健三による、学徒戦没者を慰霊するモニュメントと展示施設からなります。

    ペン先をモチーフとしたモニュメントの、滑らかな曲線と斜めのグリッド、それを埋める型枠の木目が、ち密に計算され、施工されています。

    ロケーション、建築、そして平和への願い。

    たくさんの人にぜひ訪れてほしい、と感じました。

    yuri

     

  • 3月28日、神戸市居留地にある美しい近代建築「真珠会館」を設計者の光安(みつやす)義光さんのご子息、義博さんのご案内で見学させていただきました。

     

    1952年竣工。

    神戸の重要な産業である真珠の加工・輸出のために戦後兵庫県と関西真珠協同組合が合同の建設委員会を設立して建てられました。

    入口の前の贅沢な敷石は、少し凹んだアールで、踏面を確保。

    窓に取り付けられた面格子は、ビミョーに傾けて取り付けてあります。

    床には地下に光を落とすための円形のガラスブロック。

    1階の外壁は黒御影、2階以上はブルーのタイルです。

    地下ボイラー室に落ちる光。

     

    階段は緩やかで幅も広く、薄い蹴込が丁寧に作られています。

     

    廊下にある室名札は、欄間に取り付けられていて、後ろから光が当たると浮き出る美しいデザイン。

     

    蛍光灯は上に反射板を取り付けずに、天井を照らして、やわらかく部屋の照度を上げる仕組み。

     

    それぞれの階段も美しく。

    4階から屋上に上がる階段は、オブジェのよう。

     

     

    避難階段は、コンクリートと鉄の組み合わせ。

     

    4階は真珠の鑑定のために光の質にこだわったガラスの部屋だが、コンサート利用なども想定されて、天井には吸音板が、柱は微妙にアールになっていたりする。

     

    ムメの無い、不思議なすべり出し連窓。

     

    阪神淡路大震災の激震地にあってガラス1枚割れなかった耐震性を誇るが、老朽化のため今月末で閉鎖されるとのこと。

    まさしく神戸の真珠のような美しい建物をきれいにして使える方法はないものか?と切に願う。

    yuri